スポーツ Feed

2013年4月 2日 (火)

Vファーレン長崎を応援しに諫早へ行こう!

Vファーレン長崎vsガイナーレ鳥取 3-1  3/31/2013

Vファーレン長崎J2に昇格して2勝2敗2分と、高木監督の下、まずまずの滑り出し。岩間選手が攻撃の起点になって、FW水永選手の怒涛の攻めに相手DFがついていけない。左サイドからドリブルで突破というシーンもあり、攻撃面でもみていて楽しい、GWを若い金山選手にして育てながら使うのもいい。問題は集客能力の低さである。ホームでの初戦ガンバ大阪戦では1万8千人入場だったのに、鳥取戦では2千人台と低迷。小学生の息子とメインスタンドで応援しているのだが、非常にさびしい状況。次回の熊本戦からはバックスタンドで人が多い方で応援したいという息子の要求に応えることにした。2012年のJ2集客ランキングをみていると、どこも苦戦しているようですが、このままだと長崎は集客数で最下位になる勢い。地方J2チームの運営は大変なんだろうが、グラウンドで地元サッカーチームを応援することに興味がもてるように多くの仲間を次回は誘っていこうと思う。http://blog.goo.ne.jp/yutaka123321/e/4d50fda6a7859ff05031f12d9185a30d

 

2012年12月 7日 (金)

ボクシング選手の健康診断

 

私のところへ時々依頼が来る。頭部CTを撮影してくも膜嚢胞、ベルガ腔、透明中核腔がないかを所定の用紙に記載して終わりで健康体がほとんどであり短時間で終わる。冬場は知らぬ内に隠れ脱水になっているが、彼らは減量中に脱水にまでもっていくことがある。減量中に脱水症状となり救急外来で点滴しようと言うと、先生、点滴だけは勘弁してください、なんてことも。アメリカ脳外科学会はボクシング禁止と声明を出しているが、日本では聞いたことがない。試合前の体調管理は難しいが減量が大変な選手にも頑張ってね!と声をかけたい。
http://blog.livedoor.jp/onizukam/archives/396874.html

 

2012年2月19日 (日)

K1リングDr

K1の思い出

大学の同級、新井君の推薦でリングDrを務めた2000年長崎大会。K1としての興業はストップしてしまいましたが、アンディフグ、マイクべルナルドと一世を風靡した人気ファイターが亡くなると思いだします。ノブハヤシ選手が試合中に左上眼瞼が裂けて私がリングに入り、中山先生がドクターストップをかけました。もう一度、全盛期のK1をみてみたいです。2000.1.25 K-1 RISING 2000」観客 6100http://www.boutreview.com/report/k1/00/0125/index.html 場所: 長崎県立総合体育館

マイアミの青い空K1リングDr

http://blog.livedoor.jp/onizukam/archives/396874.html

Powered by Six Apart