« 歯科衛生士が口腔ケア 県歯科医師会と連携 | メイン | 院内災害発生時への対応 »

2016年2月17日 (水)

『徳洲新聞』を携え企業回り 

長崎北徳洲会病院は主に健康診断の説明のため、長崎市内の企業や団体を訪問している。訪問歴のある企業以外にも飛び込みで説明を行う時もある。その際、『徳洲新聞』と同院発行の広報誌を必ず携えている。

医療機関への訪問は診療情報提供書などがある場合、可能な限り直接持参する。ここでも『徳洲新聞』と広報誌を届けるが、訪問できなかったところには『徳洲新聞』と広報誌を毎月郵送し、関係性の持続に努めている。

消防署への訪問は毎月欠かさない。近隣に4カ所の消防出張所があり、消防署本部も折を見て訪問。『徳洲新聞』と広報誌に加え、翌月の外来予定表を届けている。夜間の診療体制(特に外科系)や空床状況なども、救急隊に伝えている。医療講演は院内講演を月2回実施。院外講演は主に公民館からの依頼に対応している。写真は鬼塚正成・脳神経外科部長の医療講演。http://www.tokushukai.or.jp/media/news/shinbun932.html

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/507449/33743695

『徳洲新聞』を携え企業回り を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart