« 急性期脳卒中患者に対する発症直後からの経口摂取訓練 | メイン | 歯科衛生士が口腔ケア 県歯科医師会と連携 »

2016年2月13日 (土)

アメリカで外科開業 -小自分史 昭和41年卒 若松忠家先生

米国滞在中の恩人で、Wilmingtonの若松家によくお邪魔してお世話になっていました。開業時点からの随筆を一部紹介します。

~Wilmington(Delaware州)に帰って、General Surgery and Surgical Endoscopyで開業した。誰かの跡を継いだのではなく、新規の開業だったので、ERや、家庭医からの救急の紹介が多くavailabilityが勝負であった。初めの二年は一日も休暇は取らなかった。アメリカで外科を開業するのに、大きな資金は要らない。Procedureは契約した病院に連れて行ってそこの施設やstaffを使ってするので、自分のofficeでは、術前術後の患者さんを診るための小さなspaceに、full timeのsecretaryとpart timeのnurseを雇い数脚の椅子と机、電話、computer、それに一、二台の寝台があれば事足りる。後は種々の手続きのための手数料以外は、一切金は要らない。二、三をあげると、小生のようなforeign medical school graduateは、ECFMGのほかに、アメリカの学生が受ける卒業試験/国家試験に相当するFLEXという試験を受けて通らなければ開業できない。大学病院などに勤務する場合は、ECFMGだけでよい場合が多いと言われる。患者さんに入院して貰って手術となると、検査、X線、手術室、麻酔などで働く、病院が雇っている看護婦やresidentを使わしてもらうための契約が要る。これに二年おきに再契約される。この再契約にあたっては、AMA(米国医学会)が認めた卒後教育40単位以上が必要とされる。外科医の収入は手技料だけ。入院料(hotel代)、検査代、看護代、薬代などは病院の収入になる。日本と同じで殆どの患者さんは何らかの保険を持っている。そうでないと一挙に破産となる。
不必要な手術をしたりすると、conferenceで叩かれ、第一保険屋が金を払ってくれないのは、多分日本と同じでしょう。アメリカでは、弁護士の眼。彼らは度の強い眼鏡をかけ、何事もすかして見れる、千里眼を持っている。医者、特に外科医は真剣である。それでも万が一に備え医療過誤保険に高い金を払わされている。実を言うとこれが一番の出費であった。年表を簡明に記す。1971 straight surgical intern、1974-5 chief surgical resident、1975-76 surgical endoscopy fellow under Dr.H. Shinya. 1976-2012 private practice in GS and surgical endoscopy.

こうして書き上げてみると、小生の来しかたが如何に多くの皆さんのご親切やお力添えがあってのことだったかと、改めて感謝いたします。多忙にかまけて家庭を顧みる事のなかった小生をよく励まし忠告し勇気づけてくれ、3人の子供達を育て上げてくれた妻に大いに感謝している。

長崎医学同窓会 朋百(Pompe) vol.137. 2016 p36~38 ~開業の時点p37後半から一部を紹介

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/507449/33739495

アメリカで外科開業 -小自分史 昭和41年卒 若松忠家先生を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart