« 神経救急に力注ぐ | メイン | アメリカで外科開業 -小自分史 昭和41年卒 若松忠家先生 »

2015年7月31日 (金)

急性期脳卒中患者に対する発症直後からの経口摂取訓練

7/30 時津カナリーホールで長崎市北部 嚥下障害・口腔ケア関連講演会を開催しました。

講演Ⅰ 地域の歯科と連携した外科周術期口腔ケア:外来初診時から、切れ目なく。

国立病院機構長崎医療センター外科医長 谷口 堅 先生

座長 鬼塚正成

講演Ⅱ 口から食べることと胃瘻・誤嚥性肺炎について

産業医科大学 リハビリテーション医学 講師 高畠英昭 先生

座長 道ノ尾病院 副院長 芹田 巧 先生

高畠先生が発表で冒頭に使われた動画を紹介します。

 嚥下障害_急性期脳卒中患者に対する発症直後からの経口摂取訓練 高畠英昭

Dysphagia_Interventions to promote oral feeding in acute stroke patients.

https://www.youtube.com/watch?v=nSJedii1yRg

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/507449/33496063

急性期脳卒中患者に対する発症直後からの経口摂取訓練を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart