« 2014年5月 | メイン | 2015年3月 »

2014年11月

2014年11月27日 (木)

脳神経外科領域の画像・治療

看護師向け講義、今年3回目です。今回は画像と治療について語っていますが当院で行う治療が主です。少し難しいという感想を貰いましたが。。

https://www.youtube.com/watch?v=0FO_7vVcrG0&feature=youtu.be

2014年11月14日 (金)

注意すべき脳神経疾患

10月 当院看護師向け講義分を動画にアップしました。今回は症候学的なお話で、頭痛、めまい、しびれについて鑑別疾患を踏まえて外来、病棟看護師向けに私見を述べています。
https://www.youtube.com/watch?v=mlFr3z8ccmQ&feature=youtu.be

長崎北高創立50周年記念誌 18回生寄稿

同級生にもらった元気と心の支え

北高50周年おめでとうございます。我々18回生は高校2年の7月23日、長崎大水害を経験しました。部活帰りに松山町で遭遇した私は家の下を流れる川が氾濫して橋が渡れず、商店街のケーキ屋さんで一泊し翌朝帰宅しました。停電、停水が一週間続き、全国から支援物資が届きました。一週間後に福岡市内で玉竜旗剣道大会が予定されており多くの高校は出場辞退しましたが、顧問の香田郡秀先生(現筑波大学教授)にお願いして車2台で8時間かけて一般道を通り出場しました。東北大震災の際、津波の被害をTVでみた際、長崎大水害の記憶が呼び覚まされました。高2に受けた支援を今度は東北の方に少しでも、という思いもあり宮城県内での支援活動に3年前参加しました。

昭和50年代後半、各都道府県に医大が設置され、新聞各紙は将来医師過剰時代が到来すると記事を書き、医学部離れの傾向が出ました。私もこの噂に随分迷わされましたが、心の支えになったのは同級生の原君でした。彼は柔道部、稽古帰りにちんば坂を下りながら将来医師になりたいことを話し励ましあっていましたが、消化管にできた肉腫で闘病生活を大学病院で送り、病床で卒業を迎えました。現役で医学部に落ちた報告に行った際、原君から自分の分も頑張って欲しい、自分は外科医になりたかったと言われたのを覚えています。現在、長崎市内の救急病院で脳外科医として勤務している私にとって原君との約束は今でも忘れることは出来ません。

今年8月に18回生は30周年記念同窓会を開催するにあたり幹事会が先月ありました。高校時代11クラスあれば一言も話をしたことがなかったのに同窓会になると気軽に話が出来るから不思議です。懇親会で大水害の話題にはどうしても触れてしまいますが、各人が卒後のことを語り始めました。大学卒後、転々と職を変えて今は事務所を構えている人。卒後、愛知で水害に遭い、長崎に戻り専門学校の事務長をしている人。高校時代の活動からはとても想像できなかったのに今では議員活動をしている2人。北高にSECOMが入るきっかけを作った人も今では立派な社会人。根っからのバイク好きで今は単身赴任、中国でバイクを製造している人。某企業で兵器を作っている人。介護保険がスタート時ケアマネージャーへ転職した人。世界一周旅行後に父の会社を継ぐ為に長崎に戻ってきた人。転勤が多い銀行員、単身赴任で支店長。同級生のその後を聞いて、元気を貰いました。

マスコミの未来予想図ほどいい加減なものはありません。大水害や震災で方向性が変わることだってあるでしょう。要は自分が将来何をしたいか目標を決めて一途に努力するしかないんでしょうね。高校時代は想像すら出来なかった世界に30年後はいるかもしれませんが。18回生から現役北高生にエールを送ります。

18回生 鬼塚正成

 

Powered by Six Apart