« 暁の旅人 吉村 昭 | メイン | OO様ではなくOOさん »

2012年3月 7日 (水)

認知症の最期はどうなるかご存知ですか?

認知症末期の臨床経過<6ヵ月死亡率は、肺炎を併発した人46.7%、発熱エピソードがあった人44.5%、食事に問題があった人38.6%であった。死亡前3ヵ月の間には、40.7%が、入院、ER受診、非経口治療、経管栄養療法といった負担の大きな介入を、1つ以上受けていた。>

認知症が進行した人の末期の臨床経過を家族に理解しておいて頂く必要性は感じます。施設側も分かっているんでしょうが、熱発、肺炎だと病院へ紹介となるので、受ける病院内科側も困ったものだと思います。こういう患者さんが救急病院のベッドを満たすことがあると本来受けないといけない患者さんを受けることが出来なくなります。

また失礼ですが、末期の方であるのに理解不足という理由から、無駄な医療費をつぎ込んできていることにもなります。パーキンソン病だって最期は誤嚥性肺炎な訳で、最後はこういうパターンになることを啓蒙していく必要性、最近感じています。ほとんど知らない、知らされていないのが現状ではないでしょうか
http://www.carenet.com/news/det.php?nws_c=10575 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/507449/28055077

認知症の最期はどうなるかご存知ですか?を参照しているブログ:

コメント

老人の最後って、認知症でなくても同じ感じですね。
一般の方にもっと知っていただきたい。

コメントを投稿

Powered by Six Apart