« 脳卒中の治療方針@長崎北徳洲会病院脳神経外科 | メイン | Hospice facility ホスピス »

2012年1月29日 (日)

エンディングノート 最期をどうするか

胃ろう中止も選択肢に 終末期医療の原則、学会が改定

高齢者の終末期医療とケアについて、日本老年医学会は28日、胃に管で栄養を送る胃ろうなどの人工栄養や人工呼吸器の装着は慎重に検討し、差し控えや中止も選択肢として考慮するとの「立場表明」をまとめた。最新、高度な医療をすべて注ぎこむことは必ずしも最善の選択ではないと判断した。表明の改定は11年ぶり。

 終末期医療の手続きなどを定めた法的ルールはない。この立場表明にも拘束力はないが、高齢者医療に携わる医師が治療方針を考える際の基本原則とするもの。具体的な手順などを定めたガイドライン(指針)を作る際のもとになる。

 まず、高齢者の終末期における「最善の医療およびケア」を「必ずしも最新もしくは高度の医療やケアの技術すべてを注ぎこむことを意味するものではない」と明記。高齢者の心身の特性に配慮し「残された期間の生活の質(QOL)を大切にするものだ」との考えを示した。

 その上で、高齢者が最善の医療およびケアを受ける権利の一環として「(おなかに穴を開け、管を通して水分や栄養剤を胃に送る)胃ろう造設を含む経管栄養や気管切開、人工呼吸器装着などの適用は慎重に検討されるべきだ」と指摘した。具体的には「本人の尊厳を損ねたり、苦痛が増えたりする可能性があるときは、差し控えや撤退を考慮する必要がある」と記した。http://www.asahi.com/national/update/0129/TKY201201280598.html

学会が終末期の原則を変更は意味あること。背中を押してくれるが、胃ロウがないと転院できない現実。家族の中で90歳過ぎてもとことん積極的治療を望むケースでは医療者も積極的にならざるをえない。終末期どうありたいか?終末期の過ごし方、残された身内や親族の事を考えて、元気に体が動く内に、しっかりと伝えていく、その為にエンディングノートがある

エンディングノート 自分らしいご葬儀のためのエンディグノート 

http://sougi.bestnet.ne.jp/endingnote/index.php

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/507449/27854619

エンディングノート 最期をどうするかを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart