« プータンの農業発展に貢献した日本人 | メイン | 首都直下地震では家に帰らない »

2011年11月21日 (月)

親の介護しながら仕事を続ける

大学時代の同級生のFacebookより紹介します。

認知症の進んでしまった父の介護を始めて半月が経ちました。仕事以外は、食事と排泄、散歩(徘徊?)のお供のため、時間の余裕はなくなりました。でも不思議なことに心には以前よりも少しだけ穏やかさと思いやりと勇気が生まれた気がしています。震災もそうですが、逆境のなかに身をどっぷり浸けてはじめて学べることがあるんだなあと実感しています。
医師として毎日の診療業務をこなしながらお父さんの介護、それでもこういう心境で居られるっていうのは凄いです、頭が下がります。突然身内が脳卒中をおこして退院前に私の場合自宅で親を介護できないので、介護する意思を患者さんの家族から出されると心情的に応援したくなります。
確かに逆境の中に身を置いて学べることは多いです。
ただ気をつけないといけないのは介護する側の負担が大きくなって苦にならないか?持続できるか?ということです。外来時に介護負担についてはカルテに記載するように心がけています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/507449/27483299

親の介護しながら仕事を続けるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart