« 食の安全、福島だけが危険なのか | メイン | 記者会見の訓練 »

2011年10月23日 (日)

第28回災害救護国際協力ベーシックコース@長崎 初日

本日長崎NCCのニュースで取り上げて頂きました。朝は炊き出し、昼はトリアージ、衛星℡、トランシーバーでの情報伝達、巡回診療をこころ医療専門学校の学生さんにボランティアになって頂き、実習をしました。

トリアージ

Triage)は、人材・資源の制約の著しい災害医療において、最善の救命効果を得るために、多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別し、治療の優先度を決定すること。(Wikiより)なんだそうですが、治療の必要がない黒タッグをつけることには躊躇いがありました。実際、私がトリアージすることはないのかもしれませんが考え方、実際の訓練を受けることが出来たことは有意義でした。明日まで続きます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/507449/27322649

第28回災害救護国際協力ベーシックコース@長崎 初日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart