« 血ガス採取時に針刺し | メイン | セックスエリートの条件 »

2011年2月17日 (木)

ジェネリックではまずいことあり

プレタールという薬、慢性動脈閉塞症(足の血管が多いです)と脳梗塞(心原性脳梗塞症を除く)発症後の再発抑制の二つを保険適応症として持っています。

現在、院外処方で「ジェネリックに変更しては駄目」と書かないと、薬局が勝手にプレタールをジェネリックに変更されることもあり得ます。

抗血小板薬プレタールをジェネリックになぜ変更しない?とある健康保険組合から昨年問い合わせが来ました。

「プレタールのジェネリックを出したことがあるが頭痛、頻脈という副作用が出ない、血管拡張作用が売りのプレタールで頭痛が一人も出ないのはおかしいと思いジェネリックをやめました。」と返事をしました。

適応外ですが、徐脈の患者さんにプレタールを投与することがあります。ジェネリックで頻脈傾向が出ないでは投与する意味が無くなります。

ハーバード大学神経内科教授Caplan先生が日本で特別講演をされた時、アメリカにはプレタールがありませんが似たような作用機序を持つ薬があり処方した際に患者さんに"Headache is a good sign."と説明されるそうです。頭痛、頻脈が患者さんにとって苦痛であれば減量、中止することもあり、開始する前には必ず副作用は説明しています。

頭痛が出たということは血管が拡張させていることだよ、何ともpositiveなアメリカ人らしい発想だなと感心しました。

と言う訳で当院にはプレタールのジェネリックは置いていません、あしからず。

実は沢山あるんですね。こんなにも~

http://genericdb.ochis-net.jp/generic/?view=detail&medicine_code=620003611

薬価差益はこの通りhttp://www.genecal.jp/etc.html?id=620003611

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/507449/26005667

ジェネリックではまずいことありを参照しているブログ:

コメント

副作用として頭痛があります、と説明されるより、副作用として頭痛があるけど、頭痛は薬が効いてるサインですよと説明された方が、
何となく受け入れやすいですね。


説明の仕方でニュアンスがかわりますね。

副作用と言われるよりも薬が効いているサインだの方が受け容れ易いでしょうね。私も講演会でこのセリフを聴いて以来、日常頻用しています。

同じような薬で、オパルモンありますよね。プレタールのゾロは良く知りませんが、オパプロスモンやリマルモンなどは兎に角副作用多いです。オパルモンについては時々薬の副作用や効き目が急に悪くなったなどあればまず「後発薬に変わってるんじゃありませんか?」と患者さんに聞いています。後発薬を一部拒否にしたら7例ほど改善する症例がありました。

コメントを投稿

Powered by Six Apart