2018年4月16日 (月)

新築移転を控える当院 長崎の未来予想図

2018年(平成30年)4月16日 月曜日 徳洲新聞 NO.1129

2020年に新築移転を控える当院
長崎の“未来予想図”描いていく
病院の活動を支える職員全員が貴重な財産

私は1965年、長崎市内の小売り酒屋の長男として生まれ、以来、長崎で育ちました。県立長崎北高等学校在学時、部活動の剣道の稽古が終わると、柔道部の主将で同級生のH君と、大学医学部受験など将来の夢をよく語り合いました。しかし、H君は受験勉強の途中で小腸にできた悪性腫瘍により闘病生活に入ります。卒業式は大学病院のベッドで迎え、私は医学部受験に失敗したことを彼に報告に行きました。そこでH君から「もう自分の命は長くない。代わりに良い医者になってくれ」とバトンを託されました。浪人中に彼の死を迎えましたが、親友の残した言葉は、ずっと私の胸のなかに生き続けています。

人口減少が進む日本で、医療従事者の確保は大切な課題です。当院の坂本紀子(のりこ)・看護部長の長男は当院に理学療法士として勤務しており、堀内芳夫(よしお)総長の次男は内科医で、週1回夕診と当直を手伝ってくれています。職員の子息が当院の医療を支えてくれることは大変喜ばしいことです。私は小学生の頃、腹痛で夜間に当院の前身病院に来院したり、大学生になって友人がけがをしたため連れてきたり、私の成長過程に当院が寄り添っていました。民間病院の良さ、地域に根差した病院の良さがあり、敷居が低いからでしょう。

情報の共有を院内で進める 院長室を会議室スタイルに

当院は閉鎖されていた病院を徳洲会が買い取り、1986年11月に108床の救急病院としてスタートしましたが、老朽化が進み、2020年、西彼杵郡(にしそのぎぐん)長与(ながよ)町に新築移転が決定。敷地面積は現在の2倍を超えます。新病院では人工透析を新たに導入し、健診部門にも注力します。

新病院になって施設というハード面がどんなに立派でも、ソフトである職員の質や勤労意欲が高くなければ、現病院から2㎞以上、北に離れた土地に移転する私たちは、勝負できないでしょう。当院のスタッフ全員がかけがえのない財産であり、目下、働き方改革を進めています。08年に院内保育所を併設。戦力である若いスタッフが入職後、定着してもらえるように子育て中でも働きやすいフレキシブルな勤務体系とし、女性だけでなく男性にも同様に対応し、労働条件の改善に努力しています。

14年11月に長崎市医師会に入会し、今まで以上に近隣の病院、施設と連携を取る必要が出ています。診療所や病院との間で、電子カルテを共有するプロジェクト「長崎あじさいネット」を長崎県が補助金を出し推進しており、当院も同ネットに加入、運用が今年度スタートします。

個人情報を守りながら、患者さんの情報を共有することで、私たちは、さまざまな診断・治療経過から学びを得ます。当院のみに患者さんを呼び込み、退院まで完結させるスタイルでは、今後、立ち行かなくなるでしょう。災害時にも連携が必要です。熊本地震の際、脳卒中ネットワークができている熊本では、MRI(磁気共鳴画像診断装置)が稼働しなくなった病院をカバーすべく、同ネットワークがすぐに機能したことを脳外科医の友人から聞きました。

情報の共有は院外だけではなく、院内でも重要です。院内で発生した問題をすぐに関係部署に報告、相談し、院内で情報を共有し、問題解決を図るという当たり前のことを実践していく――これが意外に難しいのです。そこで、最初の報告・相談をしやすい環境をつくるため、院長室の内装を変え、会議室スタイルにし、職員が気軽に入って来られるように開放しています。

『医療経営士中級テキスト』などで学び地道に経営改革

24年間、院長として勤務された堀内先生が総長となられ、私が4月に院長に就任。残念ながら私が入職後、初めて昨年末からの3カ月間、赤字を計上しました。しかし、副院長として3年間、徳洲会医療経営戦略セミナーで学んだこと、『医療経営士中級テキスト』で現在学んでいることを実践する機会を得ることができ、整形外科医の確保という課題を抱えながら職員の雇用を維持し、地道な経営改革に励んでいきます。8時会で前日の業務報告を聞き、問題点を共有、即時に判断が必要な場合はその場で解決策を出します。

院長就任の挨拶回りをしている最中ですが、近隣の施設への営業活動も時間の合間をみて継続します。自身の健康管理に気を付けながら、道半ばにして夢の途中で倒れないように、長崎の未来予想図を描いていきます。

皆で頑張りましょう。

https://www.tokushukai.or.jp/media/newspaper/1129/chokugen.php

2018年4月 9日 (月)

院長挨拶 2018年4月

長崎北徳洲会病院は閉鎖されていた病院を買い取り、1986年11月に108床の救急病院としてスタートしました。1年間で救急車取扱件数が約1400件(2017年)、内科系と外科系当直を常時1名ずつの2名当直体制、24時間画像診断、検査が出来る体制を整えています。私が専門にしている脳神経疾患は多く、脳梗塞急性期の急性期治療が迅速に行えるように、脳卒中専門医が当直でない時でも画像転送システムを活用しています。長崎ISLS(神経救急のコース)をスタッフには受講してもらい、私も指導的立場に立って教育に力を注いでいます。

更に、精神科領域の救急搬送件数は長崎市内で当院が最大になりました。高齢化社会において認知症患者に対応する機会が増えており、精神科医の役割は今まで以上に増しています。長崎市北部地区の認知症研究会には毎回参加して情報交換を行い、他科の医師、院内スタッフでも認知症患者さんに適切に対応出来るように研鑽しています。

また在宅医療に開院当初から取り組んでいます。1990年、訪問看護を専任とする地域医療部を設置しました。在宅専属の内科医が2014年から常勤医として働いており、長崎在宅ネットに登録されている開業医の先生方と連携して在宅医療を展開しています。

こういった活動を支えるスタッフ全員が当院のかけがえのない財産であり、働き方改革を当院では進めています。2008年に保育所を併設し、若い戦力あるスタッフが入職後定着してくれるように子育て中でも働き易いフレキシブルな勤務体系とし、女性だけでなく男性にも同様に対応して労働条件の改善に努力し、実践しています。

最後になりましたが、老朽化した病院を2020年長与町に新築移転が決まりました。敷地面積は、現在の二倍を超えます。2016年11月から長崎市医師会に入会しており、今まで以上に近隣の病院、施設と連携をとりながら長崎市北部~西彼杵郡の地域医療に微力ながら貢献したいと思います。

2018年4月院長 鬼塚 正成

 https://www.nk-toku.jp/guide/director.php

2018年2月27日 (火)

認知症予防 有酸素活動が有効

https://www.tokushukai.or.jp/media/newspaper/1122/article-4.php

徳洲新聞に取り上げてもらいました。厚労省の調べと書いてありますが、これは違います。また私の紹介で五島列島の医療改善にも貢献と書いているのは少し恥ずかしいです。大したことはしていません。それと水分摂取は書きましたが心不全の方に水負荷すると逆効果です。字数の制限で削除されていました。新聞記者に任せてますので舌足らずのところはありますがご勘弁を。訂正させて貰うと次のようになります。

長崎北徳洲会病院脳神経外科の鬼塚正成副院長は「アルツハイマー型認知症では、アミロイドβというタンパク質が神経細胞に接着し、細胞を死滅させます。アミロイドβは夜間睡眠中に排出されますから、良好な睡眠を取ることは格好の認知症予防。また排出させるには脳循環が良好でないといけません。しなやかな脳血管を保つには血圧管理が重要で、バランスのいい食事は不可欠です」と話す。

脳は体内エネルギーの約20%を使うため、ブドウ糖を効率よく脳が利用するには血糖の日内変動を少なくし、安定させる必要がある。

しかし、「全国平均よりも肥満者が多い長崎県では、朝食を抜いて昼にドカ食い、甘い味付けの食事を好み、飲酒後に締めの食事を摂取する傾向が他県より多く見られます」(鬼塚副院長)と警鐘を鳴らす。

長崎県民の1日の歩行数は、女性は全国平均だが、男性は各年代で全国平均を下回る。だからこそ、有酸素運動を増やし、脳を活性化させることが重要。

「認知症予防と脳卒中予防は重なる部分が多く、脳梗塞を予防するためには脱水予防が大切です。これには飲水の意義とタイミングが重要で、入浴後や起床時にはコップ1杯の水を飲むことをお勧めします。ただし心不全の方は主治医とご相談ください。
」(鬼塚副院長)

近い将来、認知症の新薬が登場することが期待されている。それまでの間、長く健康的に暮らせるよう生活改善が急務だ。

2017年8月14日 (月)

病院経営テーマに講演会

池田・宇和島徳洲会病院長招き病院経営テーマに講演会を実施

 長崎北徳洲会病院は宇和島徳洲会病院(愛媛県)の池田佳広院長を講師に招き、「病院経営を考えてみよう! 世界一簡単な経営学」と題して講演会を開いた。職員の意識改革が狙い。池田院長は2013年に国内の大学院でh-MBA(医療経営学修士)の資格を取得している。

 はじめに経営の基本を解説。経営資源3要素のうち、優先順位はヒト、カネ、モノであり、「これらをやり繰りすることが経営」と示唆。「AKB(当たり前のことを、きちんと、馬鹿にしないでやる)が重要」と持論も展開した。

 そのうえで宇和島病院と長崎病院の経営状況の比較を明示。病床数、医業収益ともに2倍以上ながらも職員数は2倍を下回り、急性期病棟の日当円は宇和島病院が約1万2,500円高い状況を指摘した。池田院長は日当円と在院日数の関係をグラフで示し、外科系と内科系で効率の良い経営を実践するポイントを解説。必要な検査をきちんとオーダーするために外来パスを利用したり、DPC期間を見て転棟のタイミングを計ったりすることなどを勧めた。

 自院の工夫も紹介。近年、介護施設からの紹介や救急搬送などで高齢の患者さんが増えている状況をふまえ、地域連携室の職員を一人増員したほか、近隣の施設への訪問を従前の3倍に増やしたことなどを披露した。介護施設とは年3回交歓会を行い、顔が見える関係づくりにも尽力しているとした。感染対策などにもふれた。

 講演は2時間で終了。随時、池田院長が参加者に積極的に質問し、経営に対する関心を高めようとする姿が印象的だった。

 講演を企画した長崎病院の鬼塚正成副院長は「池田院長と10年来の仲で、以前から病院経営をテーマに話をしてほしいと考えていました。地方の中小病院という同じような環境で、なぜ経営に差が見られるのか、職員が考える良い機会になったと思います」と笑顔。講演後、長崎病院でも介護施設への訪問活動や必要な検査の徹底などを行うようになったという。「当院は新築移転を予定しています。より良い病院づくりの気運を職員一丸で高めていきたいと思っています」(鬼塚)。

https://www.tokushukai.or.jp/media/newspaper/1095/article-2.php

2017年6月29日 (木)

有給日はいい映画を観る

Tasha Tudor

アメリカの絵本作家でスローライフを楽しんでいる御婆さん、ガーデニングが大好きで50代後半からバーモンド州で水、電気と最低限のものはあるが1800年代のアメリカに戻ったような生活、アーミッシュっぽい生活なんだけど、黒じゃなくって華やかな色がある。四季、自然を楽しみ、家族と生活しながら絵を書き、大半は庭作り、パイやジャムも自分で作る91才、92才で脳卒中の合併症で自宅で家族に看取られて死亡。その後長男、孫が相続した財産をめぐって裁判にもなる位、遺産も多かったらしい。http://tasha-movie.jp/info/


スローライフ、きれいな庭園に囲まれて最期を迎えられたらいいよね~と思って映画館が終わってライトがついて驚いた。周りは高齢の女性が7割以上、女性ばかり、今日はレディースデイで女性の観客ばかりで男性の姿が見えず、恥ずかしくてそそくさと映画館を出た。木曜がメンズデーで1100円らしい、木曜は残念だが休みがとれない。

長崎の名画座、セントラル劇場。全国チェーンの映画館に負けず、名画を提供、料金を下げてメンズ、レディース、割引を出せば、平日でも客をこれだけ集めることは出来るんだ、そこも少し嬉しい。いい有給休暇を過ごせた。
http://cinema-central.com/

2017年6月24日 (土)

スマホ デビュー

ガラケーに病院受付から画像を送りましたと℡を貰い、iPadで画像を確認してからガラケーで職場の医師に連絡して貰う生活を約7年送ってきましたが、今日からスマホになり1台でシンプルになりました。画像が送られてきても着信音があるから分かります。画像もこれだけ拡大できればOKです。
今までガラケーだったんですか?と職員は知らなかった様子。ちょっと恥ずかしいけど、スマホって便利ではまりそうです。先日、夜間スマホ歩きをしていた方が溝に落ちて救急搬送されて来ました。スマホ依存症にならないように注意しなきゃいけませんね。

2017年5月29日 (月)

認知症予防、脳卒中予防

長崎中小企業経友会にて525日ホテルニュー長崎で講演した時の要旨です。

 天然ボケという言葉がありますが認知症と正常との境界を見極めるのは大切で、具体的に患者さんに質問し、その答えを例に出して説明しました。直前のこと、イベントが思い出せないとなると認知症かなと疑います。女性と男性では生活様式が違いますから、質問にも温度差があり、ゴミ屋敷、徘徊、運転免許という社会問題が絡んできます。現在4種類の認知症薬が発売されていますが、効果が出る方も確かにいますが、内服を続けても進行することがあります。

アルツハイマー型認知症ではアミロイドβという蛋白が神経細胞に接着して死滅させます。アミロイドβは夜間睡眠中に排出されますから、良好な睡眠をとることは認知症の予防になります。また排出させるには脳循環が良好でないといけません。しなやかな脳血管を保つには血圧管理が重要です。バランスのいい食事を紹介しましたが、日本人の場合、減塩することが重要です。また、脳は体で使うエネルギーの20%を使いますから、ブドウ糖を効率よく脳が利用するには血糖の日内変動を少なくして安定させることが大切です。肥満者が多い長崎県では朝食を抜いて昼にどか食いをしたり、甘い味付けの食事を摂ったり、飲酒して〆の食をとる傾向が他県より多くみられるそうです。1日の歩数は男性において各年代で全国平均を下回っています。有酸素運動を増やして脳を活性化し、コミュニケーション、編み物、囲碁や将棋も脳のトレーニングとなります。脳卒中予防は認知症予防と重なる部分が多く、特に脳梗塞を予防するのに脱水予防で飲水の意義とタイミング(心不全の方は主治医と相談が必要です)について説明しました。

再生医療で世界をリードする日本です。近い将来、認知症に対して新薬が生まれることが期待されます。それまでの間、認知症予防に努め、長く健康的に生きていけるように現在の生活を見直してみてはいかがでしょうか。

2017年2月 6日 (月)

口腔ケア強化で肺炎減少

長崎北徳洲会病院脳神経外科部長の鬼塚正成副院長は「口腔(こうくう)ケアは肺炎予防、平均在院日数の短縮につながりコスト削減となる」と題し発表。同院は口腔ケアのレベルアップを目的として、長崎県歯科医師会から歯科衛生士を派遣してもらい、看護師の口腔ケアの見直しを行った。

①入院後の誤嚥(ごえん)性肺炎を減らす、②平均在院日数を短縮――などを目標に設定。脳神経外科患者さんの肺炎の有無を定期的に確認し、口腔ケア見直し前後の平均在院日数の変化を比較した。結果、誤嚥性肺炎罹患(りかん)率はそれまでの半数以下に減少し、対象期間の平均在院日数も短縮できた。鬼塚副院長は「口腔ケアを早期に実施することで嚥下(えんげ)障害患者さんの間接訓練から直接訓練までの期間が短縮でき、食事を早く開始することが可能となりました」とまとめた。

2位と高い評価に鬼塚副院長は「この大会を通じて仲間が増えたことが嬉しい」と周囲に感謝の気持ちを示した。

http://www.tokushukai.or.jp/media/news/shinbun1068.php

2016年9月 5日 (月)

直言 徳洲新聞

徳洲新聞という徳洲会病院グループ内で毎週発行している新聞がありまして、9月5日発行分の直言 生命だけは平等だに私が書いた文章が掲載されています。長崎北徳洲会病院と離島との関係を書きたかったので、そのような内容になっています。

http://www.tokushukai.or.jp/media/chokugen1047.php

2016年4月20日 (水)

TMAT@ 熊本

2016 熊本地震には当院スタッフが参加しています。

http://www.tmat.or.jp/info/news_kumamoto6/

Powered by Six Apart